かもの小道

6月 里地・里山通信

四季をつうじて、加茂の里地・里山の暮らしを楽しむページ

三方を山に囲まれ、扇状地にできた加茂市は町全体が、里山・里地です

 
 
     

水無月

水無月、6月。春は終わり、夏。冬鳥越のバラ園、水源地のモリアオガエル、エゾアジサイ、蛍、カジカガエル、カワトンボ、植物、昆虫、動物たちはぐんぐん成長していきます。何種類の生き物達に会えるでしょう。



ミヤマカラスアゲハ

翅は金属のような光沢があります。春型、夏型とありますが春型の方が色鮮やかです。

ウスバシロチョウ

シロチョウに似てますが大型でアゲハチョウ科です。

サカハチチョウ

春型は赤い網目模様が特徴的です。翅を広げると八の字を逆さにした模様が特徴です

イカリモンガ

チョウのようですがガです。日中によく見かけます。前翅にオレンジ色のイカリ紋が見えるのが特徴です。

カワトンボ

オレンジ色の翅は雄。

ヒメウラナミジャノメ

翅の裏側に波目模様があります。

ハナアブの仲間

ハチによく似ていますが、お尻の針はありません。

ホタル

6月はホタルが舞う季節です。日が沈んで夜8時ころまでが良い時間帯です。


バラ園 6月3日現在

園内がほんのりとバラの香りで満たされています。

モリアオガエル

6月になると湖面の上にかかった木の枝に白い泡状のボールがぶら下がっているのを見ることができます。モリアオガエルの卵塊です。

ヤマアジサイ

エゾアジサイの外側に咲いている花は装飾花と言われるもので花ではありません。中央の塊が花です。装飾花の花弁は3枚、4枚、5枚と色々です。

ヒメサユリ

水源地周辺では見ることができません。粟ヶ岳や周辺の山々の尾根で見ることができます。ほのかな甘い香りがあります。今は中央ハイキングコースで咲いています。


 

ふるさと再発見・かもの小道を歩く会/ Copyright 2019 All Rights Reserved